AKB48まとめ【速報】

AKB・SKE・NMB・HKT ニュースまとめサイト

Uncategorized

塩対応封印?島崎遥香が「最後の総選挙」で徳光和夫と和解してた!

2017/01/30

 

・2016年6月の「第8回AKB48総選挙」で第8位となったAKB48の島崎遥香さん

アイドルグループ「AKB48」の45枚目のシングルの選抜メンバーを決める「第8回AKB48選抜総選挙」の開票イベントが18日、新潟市のHARD OFF ECOスタジアム新潟で開かれた

2016年の総選挙では、AKB48チームAの島崎遥香さん(22)が6万8126票を獲得し、8位にランクイン

速報値17位の島崎は、順位を上げて8位となり、選抜メンバー入りを果たした

“ぱるる”の愛称で知られる島崎さんは9期メンバーとして2009年にデビューし、現在はAKB48のチームAに所属。選抜総選挙では、10年の第2回で28位にランクインしたが、第3回は圏外、第4回は23位、第5回は12位、第6回は7位、昨年の第7回は9位。今回の投票速報では17位だった

・今回の総選挙を最後と明言していた島崎さん

今年は映画やドラマなどの出演を増やした一方で、持病のぜんそくや足のやけどやに苦しんだ時期もあった島崎

立候補時には「泣きながら立候補用紙を出しました」という島崎、インタビューでも「将来のことを考えると、私の中では総選挙はこれが最後になる予定です」とコメント

総選挙前のインタビューでも「将来のことを考えると、私の中では総選挙はこれが最後になる予定です」とコメント

6月2日から12日まで開催中の総選挙ミュージアムの展示色紙には、他のメンバーがポジティブなコメントを記すなか、島崎は一人だけ「LAST」と意味深なコメント。メディアのインタビューに対しても、総選挙出馬は「LASTの予定」などと述べている

・スピーチでも最後の総選挙を強調する

スピーチでも最後の総選挙であることをコメント

島崎はスピーチで「私は今年が最後の総選挙だと自分の中で決意して立候補させていただきました」とコメント

「何の根拠もないですけど、今年は勝負の年だと思っていて、どれだけの人が私のことを必要とし、理解し、応援してくれるのか、自分自身と向き合いながら戦っていきたいなと思っています」との覚悟も

島崎は、6万8,126票を獲得して8位にランクイン。マイクの前に立つと、「今年が最後の総選挙だと自分の中で決意して立候補させていただきました」と今回にかける思いを伝えた

・さらに、グループから卒業するか悩んでいたこともあかす

さらに卒業を悩んでいたことも明かすが、横山由依さんに止められたことも告白する

スピーチでは「去年の総選挙から1年間、アイドルとしての活動をあまりしてこられなかったので立候補していいものなのかとすごく最後の最後まで悩みましたし、正直、卒業も考えました」と告白した島崎さん

アイドルらしくない自身を顧みながら「正直卒業も考えました」と本音を明かすも、「そんな時に『辞めないで』って泣いてくれたのが、総監督である横山由依でした。ありがとう」と卒業を止めてくれた横山へ感謝

「8位をいただけると思っていなかったので、本当にうれしです。ありがとうございます」と重ねて感謝

「これからも自分と向き合いながら戦っていきたい。これで最後のスピーチとしたいと思います」と、晴れやかな表情を見せた

・その島崎さんが、塩対応で注目され、これまでの総選挙ではそっけないスピーチが話題になっていた

塩対応で有名な島崎さん

人見知りでマイペースな性格。普段から無口で無表情で、素っ気ない態度が多い事から「塩対応」と呼ばれる島崎さん

以前から握手会でのファンへの態度がそっけないため“塩対応”と呼ばれ、そのしょっぱい対応が最大の特徴

握手会では素っ気ない態度を取ることから「塩対応」と呼ばれ、総選挙でも“塩コメント”に毎回注目が集まった

・さらに短すぎるスピーチをめぐり司会の徳光和夫さんとバトルを繰り広げてきたことでも有名に

総選挙では司会の徳光さんとの因縁も知られている

Acquisition source

A feed could not be found at http://antenna99.xyz/feed. A feed with an invalid mime type may fall victim to this error, or SimplePie was unable to auto-discover it.. Use force_feed() if you are certain this URL is a real feed.

-Uncategorized